平成30年分の配信者の確定申告はどうなる?

平成30年分の確定申告期間がいよいよあと10日で始まります。

配信者の皆様は確定申告の準備は順調でしょうか?

平成30年分の配信者の確定申告はどうなる?

税務署による配信者の確定申告や脱税のチェックは、
平成30年分からますます強くなることが予想されます。

既にお気付きの方も多いとは思いますが、
配信者の脱税についていよいよ税務署が本格的に動き出しています。

既に税務調査を受けて追徴課税を納めた配信者もいます。

今年の配信者の確定申告は、税務署からすればこんな感じですね。

脱税配信者を釣り放題の税務署

魚(脱税者)がいる猟場を見つけたので、あとは釣り放題です。

彼らは魚を釣るのが仕事なわけですから、
そこに魚が沢山いるのが分かっていれば当然そこで魚を釣りますよね(笑)。

実際、お金稼ぎができるふわっちやツイキャスなどの配信サイトも、
「適正な申告と納税」を呼び掛けるお知らせを出しています。

ツイキャスからの確定申告のお願い

以前、別の記事で少しお話したことがありますが、
お金稼ぎをする個人事業者は「会計が分からない、知らない」は通じません。

会計知識が分からない人間は個人でお金稼ぎをしてはいけないルールなんです。

会計が分からないのであればすべて会社がしてくれる雇用労働者でいるべきで、
個人事業に手を出すということは責任を伴うということですね。

課税所得のある人は、必ず確定申告をしましょう。
スポンサードリンク

まだ間に合う!配信者の確定申告の記帳

2014年(平成26年)1月以降は白色申告をする人に対して、
「記帳」と「記録の保存」が義務付けられています。

「雑所得」は対象外ですが、それが「帳簿は不必要」ということにはなりません。

というのも、確定申告会場では確定申告書を提出しますよね?

確定申告書は帳簿に1年間記帳をして電卓片手に計算した金額を記入する書類なので、
「帳簿は無いけど申告書が書けた」というのはありえないわけです。

きちんと記帳をした帳簿がないということは、
「帳簿がない=申告書を書けるはずがない=デタラメな申告書」という意味です。

でも、ご安心ください!

配信者は白色の雑所得で申告をする人が多いと思いますが、
白色申告は単式簿記(簡易な簿記)での記帳が認められています。

おまけに、配信者は売り上げ先名も多くて数か所、
経費を計上するとしても按分済みの通信費くらいの場合が多いでしょう。

一般的な事業の帳簿ように「売掛金回収がいくら、仕入れ高がいくら、
修繕費がいくら」のような複雑な帳簿にはならないはずです。

帳簿の中身がシンプルだからこそ、今からでも間に合いますよ!

単式簿記のシンプルな記帳にはコレ!

やよいの白色申告オンラインのサンプル画面

10日前から簡単操作でシンプルな単式簿記の帳簿を作るには、
やよいの白色申告オンラインなどのサービスを使うのがおすすめです。

やよいといえば、ユーザー数170万、売上実績19年連続No.1の会計ソフトですが、
待望のクラウド版の確定申告・会計ソフトが誕生しました!

上のサンプル画面を見ても分かるように、
科目、取引内容、取引先、金額などを入力していくだけで完成します。

お小遣い帳を付けていく感覚で簡単に帳簿が作れます。

  • 確定申告書も作成可能!
  • スマホ対応!
  • 完全無料!

無料で簡単に使えるサービスなので参考にしてみて下さい。

無料で使える!やよいの白色申告オンラインはこちら!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。