配信者への投げ銭もキャッシュレス化が進んでいる話

配信者への投げ銭もキャッシュレス化

ふわっちやツイキャスなどの配信サイトの配信者への支援も、
時代の波に乗って一部で「キャッシュレス化」が進んでいます。

そもそも日本がキャッシュレス化を進める理由は色々ありますが、
大きな理由の1つが「脱税やマネーロンダリングの防止」です。

つまりは電子記録に残すことでお金の出入りを透明化でき、
国としても脱税をすぐに発見できるわけですね。

いつ、誰から、誰に、いくらのお金が流れたのかがすぐに分かるので、お金の流れの監視が簡単にできます。

税務署としても配信業界のいわゆる『投げ銭』のキャッシュレス化を有り難い限りで、
脱税をしている人間への課税も一気に進められるようになります。

例えば、手渡しの場合は受け渡しの証拠が必要になり、
銀行口座などへの直の振込の場合などの銀行調査にも多少の手続きが必要です。

少し考えれば分かりますが、銀行にはUFJ、三井住友、みぞほ…等々の銀行の種類があり、
そして全国に支店があり、口座の種類があり、番号があり、口座名があります。

それに比べてキャッシュレスマネーはどうでしょうか?

電話番号やメアドなど紐付けられているものが単純ですよね?

単純ということは、税務署からすればすぐに突き止められるわけです。

しかも、キャッシュレスは電子記録がすべて残るので証拠も100%掴めます。

国や税務署がキャッシュレス化を推進し、実際にキャッシレス社会に進んでいるのも納得ですね。

キャッシュレス化は国にも消費者にもメリットあり

消費者側にとってはPayPayやLINE Payなどはポイント還元があったり、
お金を出す必要もなく簡単に決済ができて便利です。

同時に、キャッシュレス化は国(税務署)にとってもとっても有り難く、
【国の真の目的】も信頼に値する発信元からも既に多く報道されています。

少しだけ紹介します。

キャッシュレス社会で脱税防止の記事1

キャッシュレス社会で脱税防止の記事2

政府の狙いが「脱税防止」であることが書かれています。

これは脱税をしている側の人間にとっては迷惑な話だと思いますが、
清く正しい税社会を求める人間にとっては喜ばしいことです。

  • 脱税している配信者にとっては迷惑なキャッシュレス化!
  • 配信者の脱税を無くしたい人にとっては有り難いキャッシュレス化!

【番外編】キャッシュレス決済は1日も早く始めないと損をします!

フィンテックの進化によって、日本は今後もキャッシュレス化が進んでいきます。

10月1日の消費税増税以降は経済産業省主導のポイント還元事業がはじまるので、
現金で払えば払うほど損をしていく状況です。

増税されるうえにさらに損をするとか勘弁してくれって感じですよね…

利用者数No.1で利用店舗も多い楽天ペイはとても使いやすく、
キャンペーンも多いので1日でも早く始めるとその分だけ得です。

2020年春にはSuicaのチャージ・発行にも対応予定!

楽天ペイを入れておけば、別に交通系ICカードを持つ必要が無くなります。

電車を使う人にとっては、これはかなり便利です。

Suiceとの連携は現時点では他のQRコード決済にはないサービスなので、
楽天ペイを使う人が増えています。

そして、やっぱり還元率が高いのも魅力!

楽天ペイの5%還元キャンペーン

楽天カードと楽天アプリを組み合わせるとさらに便利に使えるのでおすすめです。

今なら楽天カードを作るだけで5,000ポイントとか普通に貰えるので、私も家族分作りました(笑)。

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、飲食店、家電量販店、ファッション、レジャーなど、
楽天ペイなら使えるお店が多い分だけ5%還元が多くの買い物で受けられます。

知らない人間は損をして、知っている人間だけが得できる社会が始まります。

よければ参考にしてみて下さい。

楽天ペイはず~っと5%還元!5,000ポイントが貰える楽天カードの詳細はこちら!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。